目次

リスティング広告

検索をした時に、「広告」の記載と共に上位表示されている状態が「リスティング広告」です。検索連動型広告とも呼ばれています。現在はクリック単価が高騰し、予算が少なかったり、会社の体力が少なかったりすると扱いづらい部分もありますが、友好的に活用したいネット広告の代表的なサービスです。基礎情報から、運用のコツまで簡単ですがご紹介します。

リスティング広告

コンバージョンを狙いに行く

リスティング広告は、前記述のバナー広告とは違い、認知を広げるための広告ではありません。あくまでも健在的な行動に対して配信をする広告になります。理由は「人は知らないものは検索しない」ので、リスティング広告で知ってもらう活動はクリック単価も高く非効率です。知ってもらうためには「バナー」や「動画」などを活用しましょう。

なぜ「買ってもらう広告」なのか?

これは検索クエリを理解すれば解決します。※詳しくはこちらの記事をご覧ください。
検索クエリの「トランザクションクエリ」に対して配信を行うことで、コンバージョンが発生しやすくなります。ただ、多くの広告は「トランザクションクエリ」を狙って配信をしていますので、基本クリック単価は高めです。数年前はそれでも2桁のクリック単価も見受けられましたが、現在は1クリック単価3桁が多く、予算消化が早いです。それでも多くの企業が配信を行っている理由は、情報が多くなった健在、なるべくシンプルに点と点を繋げたいからだと思います。

最大限の成果を得るために

広告はついつい配信に気が向きがちですが、あくまでもユーザーを連れてくることが広告の仕事であることを理解しましょう。広告の効果を最大限に発揮するためには、着地するページの情報がユーザーとマッチしているか?が大切です。伝統的な手法として「広告用ランディングページ」があります。「広告用ランディングページ」は健在ニーズに対して的確に情報を伝えることでコンバージョンを促す方法です。このランディングページも「戦略」が全てです。また、1回で成功する確率も低いので、根気よくPDCAを回せるか?もポイントになります。