目次

ウェブ戦略を作るために必要な3つのこと

ルカデザイン合同会社がホームページを作るときに、必ず行うことは【ウェブ戦略策定】です。どんな綺麗なホームページでも、そこに戦略がなければ結果を出すことは出来ません。また、戦略がなければどんな目的で運用しているかも不明確になります。今まで出会った事業主様やウェブ担当者様が悩まれている部分の多くは「戦略立案」で解決することが多いです。

1・上司から「ブログの更新を」と依頼されたが、そもそも何の目的かわからないので書く気力が起きない。
2・更新をした方が良いとコンサルタントから言われたが、目的が不明確なので実施していない。

更新の価値が伝われば、上記の会社もしっかりと運用をすると思います。ウェブ戦略を作る事とは、目的を明確化して、利益をもたらす運用を作ること他なりません。戦略なきウェブ運用は、無駄な仕事と感じる場合が多く、戦略なきウェブサイトは単純にデザインが綺麗なだけで利益をもたらす事はありません。

この記事では「ウェブ戦略を作るために必要な3つのこと」と題して、ウェブ制作・運用をする上で大切なことをお伝えします。3つの大切なことを理解することで、自社で戦略を作る場合などに役立てて頂ければ幸いです。

3つの大切なこと戦略を

ウェブ戦略を作るうえで大切な事は以下3つです。

1・他社を知る

他社を知ることは戦略策定をする上で非常に重要です。他社を知る方法は「競合分析」を行います。競合分析はデジタルマーケティングツールを使い、競合の「アクセス数」「主要流入キーワード」「広告配信」のデータを取得します。競合が「どれくらいの人数が」「どんなキーワードで」「どのくらい広告をかけているか?」を把握することで、自社のKPI設定に役立ったり、同じキーワードを狙うか、少しずらして狙うか戦略を考えたり、広告予算を組む場合の参考値にしたり幅広く活用ができます。

2・自社を知る

自社を知ることも戦略策定をする上で非常に重要です。特にホームページを変更・改善する際には重要なデータとなります。Googleアナリティクスのデータを活用して分析を行います。まずチェックする事は「コンバージョン」を取得しているかどうか?です。コンバージョンとはホームページの成果のことで、通販サイトなら「購入」企業サイトなら「問い合わせ」などが一般的です。その次に「直帰率」を見ます。直帰率とはサイトにアクセスしたユーザーが2ページ目を開かず離脱した割合になります。直帰率が多い事は必然的に「中身を見られていないホームページ」となります。その他多くの数値を確認し、分析結果と所見を作ります。

3・コンバージョンを決める

他社と自社の分析が終われば、自ずと「とるべき戦略」「自社がやるべきこと」が明確になります。ホームページのコンバージョンを決める際に気をつける事は「どのアクション(ホームページの成果)が利益になるか?」を深く考える事です。やりがちなミスは「全てのことをホームページで完結させなければならない」という感覚に陥り、ホームページの目標値を高く設定し過ぎて「結果が出ない」状態になることです。ホームページは24時間働いてくれる営業マンと言われますが、いくら有能でも目標設定が高ければコンバージョンは発生しません。ウェブ戦略を作るうえで、この成果設定は非常に重要です。

3つの手順で作られるのが「ウェブ戦略」

他社を知り、自社を知ることで現在の環境とレベルがわかり、コンバージョンを決めることでどのように目標に向かっていくかご説明を致しました。実際に「ウェブ戦略を作る」とは、このような作業の元作成されています。データを見なければ現状把握はできず、戦略がなければやることが定まらない。ウェブで成果を出すためには、このような念密なリサーチを基にしっかりとヒアリングを重ねることが大切です。