目次

自社の分析で見えてくる強みと弱み

前回の記事”競合を知ることで見えてくる自社の戦略とは?”の最後でご説明した、「自社分析」について詳しく解説します。自社分析とはGoogleアナリティクスを活用して、競合分析で得られたデータと自社データを比較し良い点と悪い点を導き出す分析です。これにより、今後のウェブ戦略をどう組むか?具体的に見えてきます。細かい話をすると、狙うキーワードが明確になり、コンバージョンが明確になります。

重要な指標

戦略立案の際に重要視するデータは「アクセス数関連」と「検索クエリ」です。主にアクセスに関するデータを確認します。直帰率やPV数などは、そもそも改善するためにホームページを作成するので、現時点ではそこまで深く追求しません。他社と比べ、アクセスは稼げているのか?どんな検索で表示されているのか?この2つが判れば、具体的な更新の運用方法が見えてきます。アクセスを増やすためにも必要なのが「ブログ記事」ですが、このブログ更新の目的を明確化するためにも大切なリサーチとなります。運用するスタッフも「このワードは他社との差別化になる」と分かっていれば、投稿に迷いがなくなると考えます。

コンバージョンが明確になるって?

コンバージョンは「サイトの成果」の意味です。明確になるというのは、「問い合わせ」か「購入か」という意味ではなく、エントリーフォームの提案・改善の意味になります。エントリーフォームは時としてコンバージョンを大きく下げる要因になります。不必要な顧客情報入力が多い。必須項目が多すぎて離脱が増える。一般的にコンバージョンを下げる要因となる場合は入力の手間が絡んでいることが多々有ります。しかし、コンバージョンの設定によってはあえて複雑なエントリーを組む場合も有ります。見込み客ではなく、受注をコンバージョンに設定した場合です。全てはウェブでの成果をどこに置くか?これが全てです。

検索クエリの使い方

検索クエリデータは「自社のHPがどのキーワードで表示され、クリックされたのか」を教えてくれます。狙い通りに集客できているか?もしくは、狙ったワードで検索表示されているか?などSEO対策の結果を返してくれるとても重要なデータです。競合分析と比べることで、自社サイトのポテンシャルが分かり、またリニューアル後はどこに注力すべきか計画も立てられます。

https://lucadesign.jp/?p=577

検索クエリの理解