目次

MAツールで重要になるのが個人の特定。

マーケティングオートメーションに共通する5つの機能

顧客獲得の入り口となる「フォーム作成」の機能

見込み客は、サイトに用意してある「お問い合わせフォーム」などを通じてコンタクトを取ってくることが多いですよね。このようなフォームを作成することも、MAツールに共通する機能の一つです。名刺管理用のツールを利用すれば、名刺の情報を取り込むこともできます。

顧客の行動を分析する「WEB解析」の機能

インターネットを通じて、顧客が日ごろどんな行動をしているかを分析するのが、WEB解析の機能です。頻繁にアクセスをしているサイトなどがわかると、顧客の購買活動なども見えてくることがあります。

顧客の反応をチェックする「メール送信と開封確認」の機能

特定の条件を満たす顧客にメールを送信したり、送ったメールが開封されているかをチェックしたりするのがこの機能です。条件を絞り込んでメールを送信することで、見込みの大きいターゲットにアプローチができます。メールの開封状況から、顧客の反応がわかるのもメリットです。

顧客の属性や行動から優先度を数値化する「スコアリング」の機能

サイトの閲覧状況やメールの開封状況、展示会への参加などの情報を数値化して、マーケティングの優先度を割り出すのが「スコアリング」の機能です。集めた情報を数値にすることで、客観的に優先度を判断することができます。

最適なアプローチができる機能を自動実行させる「シナリオ」機能

「シナリオ」機能は、マーケティングオートメーションの複数の機能を最適なスタイルに組み合わせて、自動実行させる機能です。マーケッターが成果を期待できる機能を組み合わせ、自動で実行されるようにアレンジを行います。

MAツールを使いこなすために知っておきたいマーケティングオートメーションの仕組み

マーケティングオートメーションでできるのは、顧客を育てることと教育することです。このようなアプローチは、顧客が用意してあるフォームなどに登録をしたときからスタートします。登録をしたタイミングから、自動化された機能が実行されるのがマーケティングオートメーションの仕組みです。

メールアドレスやクッキーで個人を特定する

マーケティングオートメーションでは、まず個人を特定することが必要です。そもそも、アクセスをしてきた相手が誰だかわからないと、個人とサイトでの行動を紐づけすることができませんよね。このような状況を避けるために、マーケティングオートメーションでは、メールアドレスやクッキーなどの情報からアクセスをしてきた個人を特定します。例えば、サイトにアクセスするときに毎回メールアドレスを入力するシステムにしておけば、メールアドレスから相手の氏名や住所などを知ることが可能です。

また、クッキーを利用すれば、相手が直前にどのようなサイトを見ていたかや、オンラインショッピングで何を購入していたか、などの行動が把握できます。インターネット以外の方法で顧客と接触している場合も、メールアドレスの登録などを通じて情報の紐づけをすれば、MAツールで管理をすることが可能です。

マーケティングオートメーションの成果を左右するシナリオ設計

マーケティングオートメーションの成果がしっかりと現れるかどうかは、マーケッターが行うシナリオ設計にかかっています。マーケティングオートメーションの自動化の方法を決めるシナリオ設計は、マーケッターという人間が行います。見込み客をホットリードに育て上げるには、シナリオ設計で作り上げた質の高いアプローチを実行し続けなければなりません。

マーケティングオートメーションの重要ポイントをチェックしてMAツールを使いこなそう

マーケティングオートメーションの基本的な機能や仕組みをひと通り知っていると、MAツールをもっと活用できるようになるかもしれません。目的に合わせてMAツールが使いこなせれば、マーケティングの成果もアップする可能性があります。MAツールを使いこなすには、最適な形で機能を自動化することが大切です。人間の知恵も最大限に活用しながら、MAツールを使いこなしていきましょう。

メニューを閉じる