目次

トリプルメディアの理解

WEB集客を行う上で欠かせない知識の1つがトリプルメディアの理解です。「オウンドメディア」「ペイドメディア」「アーンドメディア」の3つを理解することで、これから行う情報発信の活動クオリティが大幅にアップします。効率よく結果を出すためにも、トリプルメディアを理解し正しい運用ができるようになりましょう。

トリプルメディアの概要

トリプルメディアとは以下3つのことです。

・オウンドメディア

ホームページ・ブログなど「自分で更新を行い、自ら情報発信を行うメディア」のことです。 伝えたいことを自分の言葉で伝えることができる特徴があります。

・ ペイドメディア

広告のことです。お金を払って伝えたい相手にアプローチするメディアです。 全く知られていないサービスや、新規事業立ち上げなどの際に有効で、非常に重要な発信方法と言えます。

・ アーンドメディア

インスタグラム、ツイッター、フェイスブックなどSNSのことです。ユーザーと価値観を共有したり、 拡散などが起こるのもこのメディアの特徴です。情報コントロールができないメディアで炎上リスクなどもあります。

トリプルメディアの詳しい説明

それぞれのメディア運用には特徴があります。ルカデザインが仕事としてサポートしている「オウンドメディア」と「ペイドメディア」について、もう少し深掘りをしてみましょう。

SEO対策とはオウンドメディア運用のこと

オウンドメディアを語るうえで欠かせないのが「検索クエリ」の理解です。「検索クエリ」に関しては、ルカデザインブログの別ページで詳しく解説しています。

簡単に言うと「検索クエリ」はWEB上の顧客行動そのものだと考えています。

例えば皆さんが、出張先の知らない土地でコンビニを探す場合、「近くの+コンビニ」と調べて目的地を探すのではないでしょうか?行きたいコンビニが決まっていれば、恐らく「近くの+コンビニ店名」に変わるのではないでしょうか?このように、検索クエリは見込み客がアクションを起こしたいから、そのための情報を取る手段の1つなのです。

検索クエリを理解して、事業者(プロ)としてその行動ニーズにどう答えれば見込み客がアクションを取るか?そんなことを考えながら運用することがオウンドメディアの本質だとルカデザインは考えています。よく「ブログ運用はニーズのある記事を書きましょう」と参考書や情報サイトに書かれています。ニーズのある記事=選ばれる記事と仮定するならば、検索クエリこそ「顧客ニーズ」と考えることができます。

私はよくクライアントに「情報を置く」という伝え方をします。情報発信(情報を飛ばす)のは広告の役目であって、SEO対策としてのブログ運用ならば「先回りして情報を置いておきましょう!」とお伝えします。実際に「置いといた情報」で売り上げを伸ばしている会社はたくさんあります。詳しくは「ルカデザイン・ウェブ集客ロードマップ+虎の巻」でご紹介させていただきます。

・ペイドメディアの重要性

ペイドメディアはその名の通り「広告」のことです。情報発信という意味では、ペイドメディアの方がニュアンスとして正しいと思います。ターゲットに向かって情報を投げることが出来ますから、まさに発信をしているわけです。

じつは広告運用も「検索クエリ」が最重要なんです。先に検索クエリからお伝えしたほうが効率的に感じますが、長年の支援の経験上、メディアの種類を先に知って頂いた方が検索クエリの理解が高まっていたので、 「検索クエリ」 に関しては出し惜しみのようですが後から詳しくご説明させて頂きます。

ペイドメディアの基礎として押さえておきたいことは、「大きく分けて広告は2種類しか無い」ということです。

 1)知ってもらう広告

世の中には自社のサービスを知らない人はたくさんいます。クライアントから「認知を上げたい」という相談も非常に多いです。この「知ってもらう」ための広告というものが存在するのですが、「知ってもらう広告」に関してはロードマップで詳しくご説明させて下さい。

 2)買ってもらう広告

次に「買ってもらう広告」はその名の通り見込み客を新規客にするための広告運用のことです。よく「広告の費用対効果が合わない!」という相談も多いですが、多くの場合が「買ってもらう広告」の配信テクニックが未熟だったり、「知ってもらう広告」で買ってもらうアクションを期待していたり、キャンペーンそのものが魅力が無かったり・・・・この3つの要因で結果が出なくペイドメディアにアレルギーを起こしている事業者様もおられます。