目次

検索クエリの理解

もう1つ、WEB集客を行う上で欠かせない知識が「検索クエリ」の理解です。検索クエリとは「ユーザーが検索エンジンで調べる際に入力するキーワードやフレーズのこと」です。人は何かを知りたいから、検索エンジンで調べます。見方を変えれば、検索クエリは人の知りたいことが詰まっている情報と捉えることができます。この記事では「検索クエリの基礎知識」を習得して頂き、以降に続くロードマップの取組みやWEB集客の実戦で活用頂けたらと思います。

検索クエリの概要

検索クエリも3つカテゴリーがあります。それぞれをご紹介します。

・案内型クエリ(ナビゲーションクエリ)

目的のホームページへアクセスするために入力する検索行動の総称です。例えば、「ルカデザイン」と入力して弊社のホームページへアクセスする等がこれに該当します。

・取引型クエリ(トランザクションクエリ)

取引を行うために入力する検索行動の総称です。例えば、「弁護士 無料相談」などの検索フレーズはわかりやすい事例です。

・情報収集型クエリ(インフォメーショナルクエリ)

情報収集を行うための検索行動の総称です。取引型と近いフレーズも多数あります。見込み客の方を集めるために有効な検索クエリとも言えます。

検索クエリの詳しい説明

それぞれの検索クエリはユーザーの温度差が違います。検索クエリを理解すれば、自ずと作るべきコンテンツ(記事)の内容が見えて来ます。それではもう少し、3つのクエリを深掘りして考えて見ましょう。

案内型検索は目的意識がはっきりしている。

案内型検索で訪れるユーザーは、目的を持ってアクセスする場合が多いです。例えばブログ運用をしていて、定期的にアクセスしてくれる。予約機能を利用する。など様々です。
リピーターのサイト内行動を分析して、ユーザーがどんな行動を取っているか確認することで改善が測れるかもしれません。

取引型検索はサイト成果の要

取引型検索は非常に重要で、SEO対策では勿論のこと、ホームページの成果にも直結する3つのクエリの中で最も深く考える必要があると思います。
その名の通り「取引」なのでユーザーはホームページで「アクション」を起こす可能性が高いのです。それが「購入」なのか「無料サンプル」なのか「モニター募集」なのか「予約」なのか「資料請求」なのか「架電」なのか・・・・・
感の鋭い方は気がついたかもしれませんが、取引型検索から来た人が行動を起こしやすい導線・デザイン・仕組みこそが「WEB戦略」そのものだと思います。

取引型検索を深く考えること=WEB戦略を深く考えること。です。

情報収集型検索はWEB集客アップの要

サービス・商品が欲しくなる前に、人は様々な情報収集をしています。例えば、最近お腹まわりが気になってきたので「お腹 ダイエット」で検索したり「お腹だけ 太る」など、痩せる方法から太るメカニズムまで多くの情報を得るためにいろいろな検索を行います。
人は知識がついてくるとさらに深掘りした情報を探しにニッチなキーワードへ進んでいきます。「お腹 ダイエット」で始まった情報収集の旅がどんな結果をもたらしたか?

・ロカボの知識によりプロテインを買った
・コンビニで糖質オフのパンを買うようになった。
・豆乳の摂取量が増えた。
・運動のために懸垂マシーンを買った

知識が付くと消費行動も変わります。集客のコンテンツとして広い範囲で物事を伝えるやり方もありますし、既に知識を得た人をターゲットにした自社商品に繋がる記事も効果的です。

改めて検索クエリとは?

検索クエリを深く考えることで、サイト設計からコンテンツ制作、戦略まで考えらるイメージが少しでも伝わりましたでしょうか?ルカデザインではWEB集客の運用を強く進めていますが、効率的且つ結果が出やすい運用を行うためにも「検索クエリ」の理解は非常に重要です。ホームページを作ろう!ホームページで結果を出そう!ネット広告を使おう!どのマーケティング活動でも検索クエリが重要なのです。