目次

ウェブ広告とは

ウェブ広告は皆さん興味ありますか?私個人としては、とても大好きなコンテンツです。だって、お金を払って集客ができる。こんなシンプルな仕組み、放っておけるはずがありません。このページでは、そんな魅力的なウェブ広告の正しい使い方ができるようにコラムをまとめています。ぜひ、基礎知識を習得して適切なウェブ広告運用ができるようになってください。

ウェブ広告=ペイドメディア

トリプルメディアの中で「ペイドメディア」と呼ばれているメディアが「ウェブ広告」です。お金を払って集客する。という定義があります。近年は「Google広告」などが多くの事業者間で扱われるようになり、とても賑わっている反面「広告料の高騰化」が進んで昔の様な費用対効果も簡単に望めない時代になっています。つまり闇雲に広告を配信しても費用対効果が期待でいません。ではどのように広告を配信したら良いのでしょうか?

知ってもらう広告と買ってもらう広告

人は知らないものは買えません。そして知っているから必ず買うとも限りません。広告とは認知を高めるために使う場合も多いですが、結果を出してる会社は知ってもらうためのアクションと買ってもらうためのアクションをしっかり使い分けて結果を出しています。この2つは検索クエリを理解するとわかりやすいので、ぜひこちらからご覧になって下さい。

■知ってもらうための広告とは?

「知ってもらう」ための広告は、主に「潜在客」に向けてアプローチをする広告です。「認知を上げる」ために行う広告と考えればわかりやすいと思います。TVCMや看板など、プッシュ型でヴィジュアルやテキストで伝えることで、気づいてもらう手法です。WEBの世界でも全く同じ仕組みの広告があります。Youtubeを代表する「動画広告」や、ウェブサイトに表示させて興味ある人にクリックさせる「バナー広告」などが知ってもらうための広告です。

■買ってもらうための広告とは?

「買ってもらう」ための広告は、主に「顕在客」に向けてアプローチをする広告です。代表的な広告は検索と連動している「リスティング広告」になります。検索はそもそも知らないワードは検索しません。そして、比較検討している人は「取引型検索クエリ」で世の中のサービスを比較検討しています。「欲しいものは決まってるんだけど、どこで買おうかな?」そんなお客様に対してアプローチすること=買ってもらうための広告です。

詳しい広告の特徴を紹介します。

ウェブ広告のざっくりとした説明は以上です。1つ1つの広告の特製、長所や短所も後ほど詳しくご説明致します。そちらも合わせてご参考ください。