目次

効果的なブログタイトルのヒント

ブログには、読者の好奇心を惹きつけるようなタイトルを付けましょう。そういうとハードルが高く感じられますが、あなたが設定した「ターゲット」に、自分のためのコンテンツ(役立つコンテンツ)であると認識させることがポイントです。

タイトルと印象の例

  1. SEO専門家の研究紹介
  2. SEO専門家が提唱するブログタイトルの付け方
  3. SEO専門家、「数値を入れたタイトルを付けると伝わりやすい」

上記3例のタイトルを比較した時に、読者の好奇心を刺激するのはどれでしょうか。答えは2番目のタイトルです。1番は曖昧な表現、3番はタイトルでネタバレ、読まなくても分かった気になってしまうタイトルの例です。

読み手が「自分のためのコンテンツだ」と認識できるタイトル

冒頭で触れた、ターゲットを意識したタイトルの付け方です。

「新人マーケター必見!絶対に抑えておきたい基本Web用語集」

上の例では、「新人というレベル感」、「マーケターというターゲット」、「絶対に抑えておくべき内容=メリット」のあるWeb用語集であることがわかります。他にも「入門編」や「○○な人のための〜」といった表現で絞り込みを行うのも有効です。

具体的な数値を入れて説得力を増す

実際の数値や客観的なデータはコンンテンツに説得力を持たせます。「3つのコツ」「5つの理由」「7つのチェックポイント」など、ウェブ媒体コンテンツではよく利用されています。また、「その道20年の専門家が語る〜」など信頼性の付与にも効果的です。

数字を使ったタイトル例

  • 2020年版Webデザインのトレンドが分かる10サイト
  • 絶対に関わってはいけない人5つのタイプ
  • 5歳若返る!ツヤ肌を手に入れる習慣とは

読み手の気を引こうとして陥る罠に注意

過剰なあおり文句や誇張表現には注意が必要です。嘘ではないけれども誤解をまねく表現は、タイトルと内容の乖離を生みます。読者は、「期待はずれ」あるいは「騙された」という印象を持ち、他の優良コンテンツも無駄になってしまいます。