ブログ

BLOG

コーポレートサイトの費用と料金相場を解説!中小企業が発注する際の目安

コーポレートサイト制作にかかる金額は、制作会社によって大きく異なります。制作費用が無料なものから1,000万円を超えるケースまでさまざまです。必ずしも高額なほど高品質というわけではありませんが、価格帯に応じて、どんなサイトが作られるかといった特徴や傾向は存在します。

ここでは、コーポレートサイトの制作における、料金相場と価格帯ごとの特徴をご紹介します。

コーポレートサイトの価格に大きく影響するポイント

コーポレートサイト制作の価格に影響するポイントは主に2つです。

・コーポレートサイトのページ数

・ブランディングや戦略設計の有無

コーポレートサイトのページ数

制作するコーポレートサイトのページ数は、価格に影響を及ぼす大きなポイントです。

Web制作には、設計・デザイン・コーディングの主に3つの工程があります。ページ数が増えると、すべての工程でのタスク量が増加します。

下層ページの一部を投稿タイプでまかなう方法もありますが、基本的にはページ数に比例する形で価格も高くなります。

ブランディングや戦略設計の有無

コーポレートサイトを作るといっても、単にWebサイトを作れば良いのか、それともブランディングやUX設計まで行う必要があるのかなど、どこまで対応するかによって価格は大きく変わります。

例えば、Webサイト制作の一環でブランディングを行う場合だと、企業のブランド理解から始まり、必要に応じてブランドの再定義まで行ます。また、Webサイトを起点としたマーケティングを実施するのであれば、ユーザーテストを重ねた上で、コンテンツや導線設計を行うことが求められます。

上記のようなケースだと、単なるWeb制作ではなく、実質的にコンサルを含むことになり、その分価格は跳ね上がります。

コーポレートサイトの料金相場

コーポレートサイトの料金相場は、おおよそ次の5つに分類されます。

  • 初期費用無料〜15万円
  • 15〜50万円
  • 50〜100万円
  • 100〜300万円
  • 300万円以上

上記の価格帯ごとに、どんなコーポレートサイトが作られるのかご紹介します。

初期費用無料〜15万円の料金相場で作られるWebサイトの特徴

15万円以下で手に入るWebサイトは、基本的にテンプレートを用いて作られます。

あらかじめ指定のデザインテンプレートがあり、その中にテキストを入れていく形で制作します。そのため、1週間程度の短納期にも対応してもらえることが多いです。

ただ、テンプレートであるため、オリジナリティのあるデザインを求めることはできず、見覚えのあるデザインに仕上がる可能性は高いです。

また、格安系のWeb制作サービスとして、制作費用が無料のものがありますが、多くの場合は運用費用という名目で月々の支払いが発生します。中には「2年契約で毎月2万円」といったように、結局は50万円近くかけてWebサイトを作ってるのと変わらないケースも往々にして存在します。

初期の制作費用が安いサービスでは、契約期間の月々の支払いについて確認した上で、コストパフォーマンスを検討することが大切です。

15〜50万円の料金相場で作られるWebサイトの特徴

15〜50万円の価格帯で作られるWebサイトは、少なからずオリジナルデザインで制作されます。ただ、この価格帯では各工程でそこまでの工数を割けないため、デザインおよびコーディングの質を追求することは難しいです。

また、ページ数についても、以下のような最低限の構成で作られる傾向にあります。

  • トップページ
  • 私たちについて
  • サービスページ
  • お問い合わせフォーム
  • プライバシーポリシー など

そのため、Webサイトを活用してマーケティングを行うこと難しく、あくまで名刺代わりとして作られるパターンが多いです。

また、この価格帯だとCMSが構築されていないことも多く、その場合はSEO対策を行えません。

50〜100万円の料金相場で作られるWebサイトの特徴

50〜100万円の価格帯で作られるWebサイトは、基本的にオリジナルデザインで制作されます。

運用要件が発生することも多く、WordPressにて構築されることが一般的です。自分たちで記事コンテンツを作れるようになるため、SEO対策に取り組むことも可能になります。

この価格帯であれば、運用要件を満たした一般的なWebサイトを作ることができます。ただ「資料請求用のフォームも追加したい」「複数の要素が絡むソート機能を実装したい」など、機能要件については対応しきれないケースも多いです。

100〜300万円の料金相場で作られるWebサイトの特徴

100〜300万円の価格帯で作られるWebサイトであれば、基本的にやりたいことはカバーできます。

100万円を超えてくると、サイト設計やデザイン、コーディングの各工程において、まとまった工数を割けるようになるため、多少複雑な要件でも対応可能です。

例えば、ニュースやブログなど投稿タイプが複数にわたる場合や、お問い合わせのほかに資料請求フォームを複数設置するなど、機能的要件にも幅が広がります。

本格的なブランディングやUX設計に取り組むには心許ない金額ですが、中小企業がクオリティの高いWebサイトを持つという観点で見れば、最適な価格帯と言えるでしょう。

300万円以上の料金相場で作られるWebサイトの特徴

300万円以上の価格帯で作られるWebサイトは、制作という範囲を超えて、コンサルティングとしての役割を含んでいるケースが多いです。

例えば、Webサイトを活用してマーケティング施策を行う場合には、ヒアリングやユーザーテストを重ねた上で、企業としての戦略に落とし込みます。ブランディングとしてのWebサイトであれば、ブランドを再定義した上で構築しなければなりません。そのため、実施するタスクが膨大になり、価格も跳ね上がります。

また、大規模な制作案件になると、セキュリティへの配慮から、WordPressのようなオープンソースのCMSを使えない場合もあります。そうなると、オリジナルのCMSを開発する必要があり、価格が上がります。

まとめ

コーポレートサイトといっても、無料で作れるのものから1,000万円を超えるケースもあるため、一括りに相場を示すことはできません。もちろん高ければ良いという話でもなく、地方の小さな会社が1,000万円かけてWebサイトを作ったとしても、オーバースペックで活用しきれない可能性が高いです。かといって予算が少なすぎれば、要望が叶うようなWebサイトはきっと作れないでしょう。

中小企業であれば、100万円前後で機能性を満たしたWebサイトを作り、その後の運用に予算を充てていくことが適切だと考えています。弊社は、更新性に優れたWordPressでの制作に定評があり、長期的に運用コストを抑えられるWebサイトをご提供しています。コーポレートサイトの制作でお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。


Webサイトのご相談、お見積もりを無料で承っております。お問い合わせ内容をもとに、お客様の課題を明確にした上で、お見積もりをご提示いたします。Web制作をご検討中の方はお気軽にお問合せください。

関連する記事

Web制作の価格はどうやって決まるのか?工程の内訳も公開します

Web制作

Webサイト制作における開発手順と工程管理について

Web制作