ブログ

BLOG

プラスで行う集客施策〜LP〜

LP(ランディングページ)とは特定の商品やサービスを販売するための、縦長1枚のWebページです。自社のコーポレートサイトとは違い、商品やサービスの訴求に特化して作られるLPは、クロージングにおいて大きな効果を発揮します。

ここでは、LPの有効性や役割についてご紹介します。

LPの有効性

LPはクロージングに特化したウェブページです。

LPを作る際は、ユーザーが商品を購入する際に検討するポイントを押さえていきます。具体的には以下の通りです。

  • 商品を必要とするユーザーはどんな悩みを抱えているのか
  • その商品を利用することでの利点
  • 利点を裏付ける根拠は何なのか
  • 競合他社と比較したときの強みは何なのか

こうした情報を網羅したLPは、コーポレートサイトとは違って商品の訴求に特化しており、売上をアップすることに優れた施策なのです。

また、基本的にLPを利用する場合、実際に運用して成果を確認しながら、改善を繰り返していきます。ウェブ施策に共通することですが、公開したあとでも調整を加えられることは、大きな強みです。

LPはあくまでクロージングの受け皿

勘違いしてほしくないのが、LPを作るだけでは効果が得られないということです。

LPはあくまで成約に特化した受け皿であり、それ自体に集客効果はありません。そのため、LPを運用する際は、ウェブ広告のような人を集める施策とセットで行うのが基本です。

ウェブ広告でLPに送客し、LPの中で成約数を最大化させる流れを作れるよう、運用していく必要があります。

LP運用でもっとも大切なことは効果測定

ウェブ施策の利点は、成果のすべてを数値化できることです。

  • どれだけアクセスが集まっているのか
  • LPのどの部分がよく見られているのか
  • 成約率はどれくらいなのか

など、得られる情報はさまざまです。

こうした数値データがあれば、改善するポイントが見えてきます。

もしLPへのアクセスが少なければ広告を改善する必要がありますし、アクセスはあるものの、成約が少ないのであれば、LPの内容を調整する必要があるでしょう。

このように、LPで成果を上げるためには、定期的に効果測定を行い、改善を繰り返す姿勢が大切です。

関連する記事

ターゲットを決めることの重要性

集客ロードマップ

ターゲティング

Webマーケティング