ブログ

BLOG

WordPressのサイト制作にかかる費用は?制作会社に依頼するメリット

Webサイトを作るとき、必ずというほど耳にするWordPress。大手企業のコーポレートサイトにも使われており、Webサイトを作る上で最有力となるソフトウェアです。豊富なデザインテンプレートが用意されているため、個人でも手軽にWebサイトを作ることができます。

ただ、WordPressでWebサイトの制作を大手企業に発注すると、見積もり金額が300万円に及ぶケースが多々あります。個人で作れるにも関わらず、この差は何なのでしょうか。

この記事では、WordPressでWebサイトを制作する際の費用感と、制作会社に依頼するメリットをご紹介します。

WordPressとは

WordPressとは、Webサイト内のコンテンツを手軽に編集・投稿するための管理システム(CMS/Contents Mnagement System)です。お知らせやブログ投稿機能が備わっているWebサイトは、基本的にWordPressなどのCMSを用いて、制作されています。

CMSには数多くの種類がありますが、その中でもWordPressは世界でもっとも高いシェアを誇ります。

また、WordPressは拡張機能が優れており、お問い合わせフォームや動画の埋め込みなどの機能を、比較的簡単に追加できる点も魅力的です。実際に、大手企業のコーポレートサイトにもWordPressはよく用いられます。

WordPress制作は自分で行うことも可能

WordPressは豊富なデザインテンプレートを無料で提供しています。そのテンプレートを活用すれば、プログラムに馴染みの無い人でも、手軽にWebサイトを作ることが可能です。多少の学習コストは発生しますが、これからフリーランスで活動する場合や、ブログを始めたいというケースには、テンプレートを活用して制作するのもおすすめです。

ただ、テンプレートではデザインや機能に限界があるため、全ての要望を実現することは難しいでしょう。また、Webサイトを作ること自体は無料でも可能ですが、サーバーやドメインなどの運用費用が年間1万円ほどかかります。

制作会社のWordPress制作が高い理由

WordPress制作の見積もりを制作会社にお願いすると、20~30万円程度のこともあれば、会社によっては200〜300万円でも足りないケースが往々に存在します。

WordPress制作の価格帯ごとの違いは、以下のように分類できます。

初期費用無料〜15万円テンプレート使用
とにかく安く、名刺代わりとしてのWebサイト
15万円〜50万円オリジナルデザイン
多くの工数はかけられず、質の追求は難しい
50万円〜100万円デザインや機能面も多少こだわれる
質を担保しながら、コンテンツ投入も可能
100万円〜300万円デザイン、機能ともにクオリティが担保
複数の投稿タイプを搭載(お知らせ、コラム等)
300万円以上ブランディングやUX設計など
サイト制作の枠を超えた支援も伴う

【関連記事】コーポレートサイトの費用と料金相場を解説!中小企業が発注する際の目安

「Web集客に力を入れていく」「10〜20ページ近いWebサイトをリニューアルする」といった場合には、100万円前後で発注する企業が多いです。というのも、それ以下の価格帯では多くの工数をかけることが難しいため、要望通りのデザインや機能で作ることができません。

価格帯が大きく異なる理由としては、Webサイトを作る上での工程の違いが挙げられます。

例えば「お問い合わせが増えるようなWebサイトにリニューアルしたい」と制作会社に依頼する場合、制作会社がはじめに実施することは調査です。企業・サービスの特徴、競合比較、顧客像の策定など、ヒアリングを通じてWebサイトの方向性を定めます。そうして、Webサイトに記載する情報がまとまれば、ようやく制作フェーズに入ります。

また、制作会社が作るWebサイトの多くは、基本的にオリジナルデザインです。そのため、デザイン工程に加え、デザインをWebサイトに落とし込むためのコーディング工程も発生します。

このように、制作会社がWebサイトを作るとき、企画から、デザイン、開発、そして品質・進行管理など、さまざまな工程に複数の担当者が関わります。そうなると工数が増えて、必然的に費用も高くなります。

さらに大手の制作会社だと、案件をまたいでプロジェクトを管理する人が必要となるため、単純な制作費に加えてコストがかかり、見積もり金額が300万円を超えることも珍しくありません。

弊社では、デザイン、開発、ディレクターの各役職を専任者が対応しています。ただ、少人数で運営しているため、大手よりも金額は控えめになっています。ご相談やお見積もりは無料で対応していますので、お問い合わせよりお気軽にご連絡ください。

制作会社にWordPress制作を依頼するメリット

WordPressを使えばWebサイトは個人でも作れます。それでも尚、制作会社に依頼するメリットとして以下の3つが考えられます。

  • 自社へのお問い合わせが増える
  • 他社との差別化につながる
  • サイトが納品された後も保守管理を任せられる

それぞれ解説します。

自社へのお問い合わせが増える

制作会社はWebサイトを作る前に、サイトに求める役割や企業としての強み、ほかにも顧客についてなど、さまざまな情報をヒアリングします。なぜなら、企業の強みや、実際にWebサイトを利用するユーザーについて把握しておかなければ、成果につながるWebサイトを作れないからです。

会社概要やサービスについての情報を記載すれば、ひとまずWebサイトとしては成立します。ただ、お問い合わせにつながるかどうかは別問題です。Webサイトを見たユーザーからお問い合わせをしてもらうためには、ユーザー像を明確にした上で、どんな内容で訴求すれば良いのか検討しなければなりません。

また、WebサイトではUIのちょっとした違いだけでも、ユーザーの離脱につながるため、細部のデザインにまでこだわる必要があります。

例えば、お問い合わせフォームでは入力項目が多いほど、ユーザーから多くの情報を得ることができますが、コンバージョン率は下がる傾向にあります。また、ユーザー自身に文章の入力させる項目については特に影響が大きく、複数行の記述欄が3つを超えた段階でコンバージョン率が半分ほどに落ちることが分かっています。

このようにWebサイトからお問い合わせを発生させるには、配慮すべきことが膨大です。そのため、成果につながるWebサイトを作りたいなら制作会社に任せる方が確実性は高いです。

【関連記事】【UI・デザイン改善】サイトのコンバージョンを上げる9つの施策

競合との差別化につながる

Webサイトのデザインやコンテンツは、企業の強みやビジョンを反映させることで、他社には真似できないものへ近づきます。それが競合との差別化につながり、結果的にユーザーに訴求できるWebサイトになります。

WordPressでWebサイトを作るとき、デザインテンプレートを使えば無料で制作することも可能です。ただ、どこかで見たことのあるような画一的なデザインに仕上がり、ユーザーの印象には残りづらいWebサイトになってしまいます。

例えば、以下の画像は無料テーマを用いて制作されたWebサイトになります。

必要最低限のデザインと情報は入っているものの、企業の顔は見えづらいです。また、無料テンプレートでWebサイトを自作する場合は、レイアウトはもちろん、情報設計のすべてを担う必要があります。

サイトが納品された後も保守管理を任せられる

制作会社にWebサイトを作ってもらうと、その後の保守管理まで一緒に任せられます。というのも、WordPressで制作したWebサイトは、定期的にメンテナンスを実施しなければなりません。

WordPressはオープンソースのソフトウェアで、バグの修正や機能追加等を目的に、日々新しいバージョンが登場しています。Webサイトのセキュリティを安全に保つためには、このバージョンを最新に維持する必要があります。

ただ、バージョンアップした影響で、Webサイトのレイアウトが崩れたり、一部機能が動作しなくなったりと不具合が生じるケースが往々に起こります。かといって、バージョンを最新にしなければ、セキュリティ面で不安です。

制作会社に作ってもらったWebサイトであれば、保守管理まで一緒に任せられるため、予期せぬトラブルが起きたときも、すぐに対応してもらえます。

まとめ

WordPressで作るサイトに、集客やリード獲得といった役割を求めるのであれば、多少割高でも制作会社にお願いする方がよいでしょう。実際、弊社にご相談いただいた建築会社様は、サイトリニューアルを通して受注件数の増加につながりました。高単価な商材を扱っている企業であれば、1件の成約でWebサイトの制作費用を回収できるケースもあります。また、デザインや機能的な要望についても実現できるため、結果的に長くお使いいただけるWebサイトに仕上がります。

弊社は少人数ながら、各工程を専任者が対応しているWordPress特化の制作会社です。そのため、WordPressにまつわるご依頼であれば、高い品質でありながら大手より控えめな価格感で制作可能です。新規制作はもちろん、今のサイトを新しくしたいというお悩みにもご対応できますので、まずはお気軽にご相談ください。


お使いのWebサイトをご共有いただければ、実際に拝見した上で、お客様の目標に対してWebサイトが抱えている課題を明確にさせていただきます。情報収集としてのご利用も大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

関連する記事

Web制作の価格はどうやって決まるのか?工程の内訳も公開します

Web制作

発注する前に知っておきたいWeb制作会社とフリーランスの違い

Web制作