スタッフブログ

デザインガイドによる統一されたデザインと共通認識

青木

青木

ルカデザインでは設計、デザイン、コーディングなど、各工程において専任者が対応しています。
分業体制のため、デザイナーからエンジニアに引き継ぎの際、デザインの方向性やビジュアルの相違が発生してしまう可能性があります。
そのような認識の違いを防ぐため、更にサイト全体のデザインの統一性、品質を高めるためにも基準となるデザインガイドを作成し、開発を行なっています。

デザインガイドの設計

デザイン作業に入る前の事前準備として、ターゲットの選択、サービス/企業のコンセプト理解、キーワードの抽出等を行いデザインの方向性を固めていきます。
そこからイメージして、色や書体などデザインガイドに必要となる要素を決定していきます。

デザインガイドの項目例

【フォントの指定】
・日本語フォント
・欧文フォント

【配色】
・ベースカラー
・サブカラー
・アクセントカラー

【マージン(余白)】
・見出しのマージン
・セクション間のマージン

【共通パーツ】
・見出し
・ボタン
・テキストリンク

デザインガイドを設定することで、実作業に入った際、ここの余白はいくだっけ?ここのボタンは何色だっけ?など確認することなくスムーズに作業を進めることができます。
また、制作するページが多くなったとしてもデザインに一貫性を持たせることができます。

デザインガイドの重要性

効果的なUIデザイン

UIデザインの観点からもデザインガイドは非常に効果的だといえます。
ガイドラインを設定し、サイト全体のデザインを統一することで、ユーザーの離脱を防ぎサイトの目的を果たすことができます。

スムーズな制作進行

複数名が関わる案件では、ビジュアルの共通認識は非常に重要です。
デザインガイドがないまま開発を進行してしまうと、意図していないデザインの変化が起こるかもしれません。
デザインガイドを用意していれば、細かいデザイン仕様の確認でデザイナーに逐一確認する手間がなくなり、スムーズな制作進行に非常に役立ちます。

ウェブ制作スタッフが選ぶ雑多なおすすめ技…

見積依頼、ウェブサイトに関する
ご相談はお気軽にどうぞ。

0120-471-960 受付時間 9:30〜18:30(平日) 資料ダウンロード お問い合わせはこちら